看護師の転職事情、辞めたい時期と辞めれる時期

現職の看護師が今の仕事に不満はあるものの、転職に踏み切れていないという人は意外と多いです。
「辞めます」と辞職の意思を伝えるタイミングが難しい事もあり、時期を誤ると中々希望通りの退職が出来ないケースも多いです。


特に人材不足が続く看護師では後任を見つけるまでは辞めないで欲しい、等と引き止められる事がしばしばあります。

スムーズに転職をするには「現職の職場での退職をスムーズに出来るか」にもよります。

東洋経済の総合案内サイトです。

特に引き止められる可能性が高い職場では辞め時を自分なりに判断しなければなりません。

期待できる兵庫の看護師転職の詳細情報となります。

新入社員が入ったばかり、誰かが辞める予定である、など人員に動きが出ている時期には退職をするには難しいと言えるでしょう。
反対に年度末を機に新入社員が入ってそろそろ仕事にも慣れてきた頃などは比較的退職願を出しやすい時期とも言えます。


介護の必要、転勤、出産などどうしても辞めざるを得ない場合を除いては頃合いを見る事は周囲にも迷惑をかけないので大切です。



辞めやすい時期を見計らった上で転職活動を進めますが、現職の看護師の場合だと不規則な勤務体制で就職活動を並行して行うといった事はたやすい事ではありません。
今ではインターネットで24時間自分の都合で求人を探せる環境にあるのでインターネットでの職探しもスムーズに行く手段です。


しかし、面接となると昼間に行う場合が多いので有給休暇や勤務時間を調整して上手く就職活動する事がポイントです。